「 失敗しない転職活動のコツ 」一覧

【介護職】長いブランクから復職するには?応募・志望動機・面談のコツ

【介護職】長いブランクから復職するには?応募・志望動機・面談のコツ

ブランクが長くても良い条件で介護職に復職するには? 結婚・出産や育児や家庭の事情などで現場を離れ、3年、5年、7年とブランクが長くなれば長くなるほど、ちゃんと復職できるか不安になりますよね。 働いていた当時のイメージや情報のままで、現在の施設や現場の様子が分からない、そのために不安は広がってしまうことはよくあります。 正社員ではなく、パートの面接でもなぜか不採用が続き、自信や希望を失ってしま...

続きを読む

【介護職】30代の転職で失敗しないために

【介護職】30代の転職で失敗しないために

30代での転職は、自分の将来の可能性を大きく左右します。 やはり、「キャリアアップ」「スキルアップ」など前向きな理由での転職が多い年代です。 しかも、体力面も経験も充実していることからも、転職に適した年齢です。だからこそ、妥協せずに自分の将来を見据えてしっかりと転職をして欲しいと思います。 30代の転職は将来を見据えて 30代の転職で失敗しないためのポイント やはり20代の転職と異なる点...

続きを読む

【介護職】40代50代の転職で失敗しないために

【介護職】40代50代の転職で失敗しないために

40代、50代の転職「今の施設を辞めたい・・・」そんな迷いを抱えていませんか? 今の職場より良い条件になるだろうか? 「家庭があるから・・・辞められない」 「次の職場がすぐに見つかるか不安だ」 「責任ある立場なので、すぐに辞められない」いろいろな不安を抱えていると思います。 もしくは、介護業界が未経験で新しくチャレンジしたい、とう思っているかもしれません。 年齢を重ねると良い条件での転...

続きを読む

【介護職】20代の転職 成功する人・失敗する人とは

【介護職】20代の転職 成功する人・失敗する人とは

「まだ20代だから、転職なんて簡単!」と思っていました。 ところが、しっかりと調べずに面接担当者の印象だけで転職先の施設を決めてしまったために、「こんなはずでは・・・」と、とても後悔することになってしまいました。 同じような失敗を繰り返さないために、ぜひ転職をする際に気をつけて欲しいことがあります。 20代の転職 「有利な点」と「不利な点」 20代は引く手あまたです。60歳の現役ヘルパーが...

続きを読む

【介護業界の転職】面接でよく聞かれる質問はこれだ!

【介護業界の転職】面接でよく聞かれる質問はこれだ!

転職活動で避けては通れないのが「面接」です。 初対面の面接官と話すのは、どうしても緊張してしまいますよね。 第一志望の施設や法人であれば、なおさら緊張してしまうもの。 だからこそ事前の準備が大切です。 面接では、面接官が採用したい人物かを判断する機会なのです。 そして、自分自身も応募先の施設の一員として働きたいかを見極める大切な機会なのです。 面接官の本音とは 面接官がチェックし...

続きを読む

【介護職】結婚を機に転職する場合の注意点

【介護職】結婚を機に転職する場合の注意点

結婚をきっかけに転職をする場合 結婚をすることになり、「家事やプライベートの時間を多くしたい」「もう少しゆとりを持って働きたい」「出産の準備をしたい」「引っ越しすることになり、自宅から近い勤務先に変更したい」など、自分の生活(ライフスタイル)の変化が転職を考えるきっかけになることはよくあることです。 「正職員からパートタイムに変えたい」「夜勤のない働き方にしたい」という方も少なくありません。 ...

続きを読む

勤続年数1~3年、はじめての転職(第二新卒の転職)

勤続年数1~3年、はじめての転職(第二新卒の転職)

はじめての転職を考えている第二新卒の方 第二新卒とは、新卒で入職してから3年以内の方(社会人3年目まで)を指します。 1~2年ほどの実務経験を積んで、先輩の助けも借りながら、ようやく一人前の介護職員として仕事ができるようになってきたころではないでしょうか? 社会人2年目、3年目といえば、やっぱり自分の将来のこと、別の可能性を考えてしまうものです。 「このまま今の環境でスキルアップできるだろ...

続きを読む

【介護業界】志望動機の例文 と 落ちない書き方

【介護業界】志望動機の例文 と 落ちない書き方

就職や転職をする時の「履歴書の志望動機」は悩みますよね。 「書類選考で落とされたくないな」 「自分をどうアピールしたらいいんだろう?」 「具体的に、どんな志望動機や応募理由・自己PRを書いたらいいんだろう?」 具体的な文例サンプルを集めていますので、ぜひ参考にしてください。 志望動機について介護職員(介護福祉士)はもちろん、看護助手(ナースエイド)、ヘルパー、ケアマネージャ...

続きを読む

スポンサーリンク